結婚相談所でお見合いをする際のポイント

結婚相談所では次々と相手を紹介されます。相手が見つかりお見合いをすることになった際には、ちょっとしたポイントを押さえておくと良いでしょう。基本的には結婚相談所から指定が無ければ、場所やプランは男性側がリードする形が一般的です。初めて出逢う二人が楽しめる場所を選ぶことが大切です。男性よりも女性の方が普段から色々な店舗に足を運ぶことが多い為、女性の方が良いスポットを知っていることが多々ありますが、男性が決定することによって女性が男性の考え方を知る機会となるのです。女性は男性が選んだ場所やプランについてはできるだけポジティブに受け止めて、大人の女性の配慮を行うことが大切です。結婚相談所を介した出逢いはお互いのデータをやり取りした男女が初めて顔を合わせることになります。お互いの価値観や結婚観、ライフスタイルなどを実際に知ることができる場所(落ち着いて会話が出来る場所)を選ぶことが望ましいでしょう。

ちなみに、初めての出逢い時は、顔見せの意味合いが強いので長時間ではなく数時間程度、お茶を飲んで話をするというパターンが一般的です。落ち着いて会話が出来るカフェを選ぶ方が無難です。お見合いが終わったら相手にメールで連絡を取ってみましょう。今後のアプローチ如何に関わらず「今日出逢ったことに対してのお礼」を伝えることがマナーです。今後アプローチを考えているのであれば「次回も逢いたい」という旨を、今後は別の相手を探したいということであれば「また機会があれば」という旨のメールを送ることが良いでしょう。結婚相談所での出逢いは良い意味で合理的なので、今後もアプローチしたいと考えているのかどうかを相手の気持ちに配慮しつつ相手に分かるように伝えることが大切です。結婚相談所の担当者に今後アプローチするのかどうかを伝えることも必要です。担当者に連絡をすることによって、担当者が現在の流れを把握することができ、今後のアプローチの仕方について担当者からアドバイスを受けることもあります。継続的にデートを重ねて結婚を前提とした交際を求めているのであれば、基本的には男性側から女性側に本格的に交際をしたい、と伝えることが大切です。

女性側から男性側をリードしたいという場合もありますので、状況に応じて柔軟に動きましょう。結婚を前提とした交際が始まる際には、結婚相談所の担当者にお互いが連絡を取ることによって、他の異性とのマッチングを避けることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です